電気料金プランの比較で電気代を節約!

SBIホールディングス

ジャストエネルギージャパンはお得なの?電気プランや申し込み方法

※ジャストエネルギージャパン合同会社は、2020年7月にアストマックス・エネルギー株式会社に商号変更しています。電気プランも変更になっています。

ジャストエネルギージャパンを知っていますか。ジャストエネルギージャパンは、電力小売で電気の販売を行っている会社です。ジャストエネルギージャパンでは、どのような電気プランを出しているのでしょうか。この記事では、ジャストエネルギージャパンの特徴や電気プラン、申し込み方法や支払い方法などについて詳しく解説していきます。

電気代が気になっている方へ

電力会社を切り替えるだけで電気代が安くなるってご存知でしたか?

電気代がかさんでしまう夏や冬の季節。電気代を気にしてエアコンを使うのを我慢したりしていませんか?
電力会社を切り替えれば、今まで通り使っても電気代は安くできるんです!
インズウェブなら複数ある電力会社からあなたにぴったりのプランがきっと見つかります!

ジャストエネルギージャパンとはどのような会社なの?

ジャストエネルギージャパンは、外資系企業でアメリカのテキサス州に本社を置いています。カナダやアメリカなどを中心にして電力や天然ガスなどの販売をしており、2017年に日本の電力事業に参入し現在では、沖縄電力エリア以外で電気の販売を行っています。北米では創業20年以上という老舗で契約数は150万件を超えており、古くから電力事業に携わってきたという歴史があります。

ジャストエネルギージャパンでは、「価値」「安定」「革新」を信条とし、ジャストエネルギージャパンの電気を利用する契約者だけでなく、株主や従業員、地域とのつながりを大事にしている会社です。ジャストエネルギージャパンは、北米だけでなくドイツ、イギリス、アイルランドなどでも電力事業をおこなっていて、電力自由化をすでに先進国で経験しています。2016年度から日本でも電力小売全面自由化がスタートしたため、ジャストエネルギージャパンも2017年に日本の電力事業に参入してきたのです。

ジャストエネルギージャパンの電気プランは?どのような特徴があるのか

ジャストエネルギージャパンでは、沖縄以外のエリアで電気の販売をおこなっており、「ブライトプラン」と「スマートプラン」の2プラン展開しています。東京エリアと関西エリアの電気プランを見ていきましょう。

ブライトプラン

まず東京エリアのブライトプランは使用量によって単価が変わるプランで、東京電力エナジーパートナーの従量電灯Bに相当します。主に一般家庭向けとなっており、一人暮らしの人から大家族まで幅広い層にマッチします。40アンペアで契約した場合の基本料金は915円20銭、電力量料金は最初の120kWhまでは1kWhあたり19円86銭、120kWhから300kWhまでは24円95銭、300kWhを超えると26円99銭になります。一方、東京電力エナジーパートナーの従量電灯Bの場合には、40アンペアで契約した場合の基本料金は1,144円00銭で、最初の120kWhまでは1kWhあたり19円88銭、120kWhから300kWhまでは26円48銭、300kWhを超えると30円57銭になります。月額料金、電力量料金ともにジャストエネルギージャパンのほうが安いため、少しでも電気料金を安く抑えたい人には向いているでしょう。どれくらい電気代が安くなるのかを比べています。下の表で確認してみましょう。

【東京エリアでの電気料金の比較】

●ジャストエネルギージャパン「ブライトプラン」と東京電力エナジーパートナー「従量電灯B」

種別 区分 単位 料金単価(10%税込)
ブライトプラン 従量電灯B
基本料金 10A 1契約 228.80円 286.00円
15A 343.20円 429.00円
20A 457.60円 572.00円
30A 686.40円 858.00円
40A 915.20円 1,144.00円
50A 1,144.00円 1,430.00円
60A 1,372.80円 1,716.00円
電力量料金 最初の120kWhまで 1kWh 19.86円 19.88円
120kWhをこえ300kWhまで 24.95円 26.48円
300kWh超過分 26.99円 30.57円

●20A250kWh使用の場合(想定:1人暮らし)

ブライトプラン 従量電灯B
1カ月の電気代 6,084円 6,400円
1年間の電気代 73,008円 76,800円

●40A350kWh使用の場合(想定:3~4人家族)

ブライトプラン 従量電灯B
1カ月の電気代 9,138円 9,824円
1年間の電気代 109,656円 117,888円

関西エリアのブライトプランは、最低料金が定められており、最初の15kWhまでは単価266円97銭となっています。15kWhから120kWhまでの電力量料金が1kWhあたり20円06銭、120kWhから300kWhまで25円46銭、300kWhを超えると26円48銭です。関西電力の場合には、最低料金は最初の15kWhまで341円02銭、15kWhをこえ120kWhまでが20円32銭、120kWhから300kWhまで25円80銭、300kWhを超えると29円29銭となっています。わずかではありますが電力量料金は安くなりますので、少しでも節約したいのならジャストエネルギージャパンが向いています。

【関西エリアでの電気料金の比較】

●ジャストエネルギージャパン「ブライトプラン」と関西電力「従量電灯A」

種別 区分 単位 料金単価(10%税込)
ブライトプラン 従量電灯A
最低料金 最初の15kWhまで 1契約 266.97円 341.02
電力量料金 15kWhをこえ120kWhまで 1kWh 20.06円 20.32円
120kWhをこえ300kWhまで 25.46円 25.80円
300kWh超過分 26.48円 29.29円

●250kWh使用の場合(想定:1人暮らし)

ブライトプラン 従量電灯A
1カ月の電気代 5,683円 5,828円
1年間の電気代 68,196円 69,936円

●350kWh使用の場合(想定:3~4人家族)

ブライトプラン 従量電灯A
1カ月の電気代 8,280円 8,583円
1年間の電気代 99,360円 102,996円

※計算を簡易にするために年間で使用量に変動はないとしてえいます。
※燃料費調整額及び再生可能エネルギー発電促進賦課金は含まれていません。
※電気料金の合計額は円未満切り捨てで請求となります。

スマートプラン

スマートプランは、使用量や時間帯によって単価が変動しないプランで、主に商店や事業所、電力消費量が多い家庭向けとなっています。東京電力エナジーパートナーの従量電灯Cに相当し、東京エリアの場合では、6kVA以上の契約で、1kVAあたりの月額料金が200円20銭、電力量料金は1kWhあたり25円46銭です。東京電力エナジーパートナーの従量電灯Cの場合には、6KVA以上の契約で1kVAあたり286円00銭、電力量料金は最初の120kWhまでは1kWhあたり19円88銭、120kWhをこえ300kWhまでは26円48銭、300kWhを超えると30円57銭になります。1kVAあたりの単価はジャストエネルギージャパンのほうが大幅に安くなっています。電力使用量が増えても料金単価が変わらないため、電気を多く使うならジャストエネルギージャパンのほうがいいでしょう。

【東京エリアでの電気料金の比較】

●ジャストエネルギージャパン「スマートプラン」と東京電力エナジーパートナー「従量電灯C」

種別 区分 単位 料金単価(10%税込)
スマートプラン 従量電灯C
基本料金 6kVA以上 1kVA 200.20円 286.00円
電力量料金 最初の120kWhまで 1kWh 25.46円 19.88円
120kWhをこえ300kWhまで 25.46円 26.48円
300kWh超過分 25.46円 30.57円

関西エリアの場合は、6kVA以上の契約で1kVAあたり166円86銭です。電力量料金は一律で、22円91銭です。関西電力の6kVA以上の契約で1kVAあたり396円00銭と、ジャストエネルギージャパンよりも大幅に高くなっています。電力量料金は最初の120kWhまでは1kWhあたり17円92銭、120kWhから300kWhまでは21円21銭、300kWhを超えると24円21銭と、300kWhまでは関西電力のほうが安くなっています。多く電気を使う人にとっては、ジャストエネルギージャパンのほうがお得でしょう。

【関西エリアでの電気料金の比較】

●ジャストエネルギージャパン「スマートプラン」と関西電力「従量電灯B」

種別 区分 単位 料金単価(10%税込)
スマートプラン 従量電灯C
基本料金 6kVA以上 1kVA 166.86円 396.00円
電力量料金 最初の120kWhまで 1kWh 22.91円 17.92円
120kWhをこえ300kWhまで 22.91円 21.21円
300kWh超過分 22.91円 24.21円
電気の比較インズウェブ
電気の比較インズウェブ
https://denki.ca-insweb.jp/jej
電気料金プランの比較で電気代を節約!

今より安く!お得に!

電力会社変更で電気代の変化を実感してみませんか?

ジャストエネルギージャパンに申し込みたい!申し込み方法や支払い方法は?

まずは、ジャストエネルギージャパンのホームページから「申し込み」をクリックします。郵便番号を入力すると、エリアに応じたプランが表示されるため、ブライトプラン、またはスマートプランから自分に合ったほうを選んでクリックしましょう。契約者の名前、住所、電話番号、メールアドレスなどの必要事項を記入します。次に現在の契約内容を入力して、申し込みは完了です。また、一括比較サイトなどを利用し現在の電力会社と比較を行ってから申し込むこともできます。一括比較サイトなどを利用すると特典がもらえる場合もあります。ぜひ、利用してみましょう。

支払い方法は、口座振替もしくはコンビニエンスストアでの支払いの2種類から選ぶことができます。クレジットカードでの引き落としについてはシステム準備中ですが、2020年3月時点ではまだ対応していませんので注意しましょう。問い合わせは、平日の9:00~17:00まで受け付けています。土日祝・年末年始は対応していません。また問い合わせの際には、お客様番号を用意しておくとスムーズです。

この記事のまとめ

ジャストエネルギージャパンは日本の電力小売全面自由化をきっかけに参入した外資系のエネルギー企業で、お得な電気プランを出している会社です。少しでも電気代を安くしたい人は現在の電気プランと比較してみるとよいでしょう。

  • ジャストエネルギージャパンはアメリカのテキサス州に本社を置くエネルギー会社で2017年より日本で電気の販売を行っている
  • ジャストエネルギージャパンの電気プランは「ブライトプラン」と「スマートプラン」の2つで沖縄エリア以外で展開している
  • ブライトプランは基本料金、電力量料金共に大手電力会社の従量電灯BやAプランより安く設定されているため必ずお得になる

電力会社や電気プランは自分で選ぶことができます。自分に合った電気プランは何なのか、しっかりと比較してみることで今よりお得に利用できる可能性があります。さまざまなプランを比較検討してみることで自分にあったプランを見つける事ができるかもしれません。自分の住む地域ではどのような電力会社があるか一括比較サイトなどを利用し探してみましょう。

一括比較スタート

\ 1か月分の検針票があればOK! /