電気料金プランの比較で電気代を節約!

SBIホールディングス

電気とガスを契約するなら「東京電力」と「東京ガス」どちらがお得?

2016年には電力の自由化が、2017年にはガスの自由化が始まりました。自由化のおかけで、ひとつの企業が電気とガスの両方を販売できるようになったのです。そのため、電気とガスのセットプランは、東京電力や東京ガスでも販売されています。そこで、ここでは、電気とガスをセットで契約するなら、東京電力と東京ガスのどちらがお得なのかを紹介しています。

電気代が気になっている方へ

電力会社を切り替えるだけで電気代が安くなるってご存知でしたか?

電気代がかさんでしまう夏や冬の季節。電気代を気にしてエアコンを使うのを我慢したりしていませんか?
電力会社を切り替えれば、今まで通り使っても電気代は安くできるんです!
インズウェブなら複数ある電力会社からあなたにぴったりのプランがきっと見つかります!

ガスを東京電力にするとどのくらいお得になるか

東京電力が提供しているガスプランには、とくとくガスプラン・とくとくガス床暖プラン・とくとくガスAPプランの3種類があります。電気プランとセットで申し込むのが一番お得ですが、ガスプランだけ契約することもできます。ガス代は、基本料金に従量料金を合算した金額です。原料価格の上昇や下降に合わせて、原料費調整額が加算もしくは差し引かれます。とくとくガスプラン・とくとくガス床暖プランについては、ガス代に5%割引が適用されるスタート割が、1年間適用されるのでお得です。さらに、とくとくガスプランは東京ガスの一般料金プランに比べて、約3%も安くなっています。そのため、とくとくガスプランを選ぶと、12カ月分のガス代が合わせて約8%も割引となります。

他には、Amazonプライム会員がお得になる、とくとくガスAPプランも注目したいところです。PrimeVideoやPrimeMusicなどが楽しめるAmazonプライムが、契約期間中ずっと無料で楽しめます。Amazonプライム会員は年会費が4,900円なので、継続利用を考えている人はお得だといえるでしょう。入会特典として、Amazonギフト券3,000円プレゼントと、ガス機器が自然故障したときの修理サービスが無料でついてきます。ただし、とくとくガスAPプランは、スタート割が適用にならないため、Amazonプライムの利用頻度が低いと損をしてしまう可能性があります。

電気とガスを利用すると

1人暮らしで、年間の電気使用量が3000kWh(契約容量20A)、ガス使用量が240㎥だとします。この使用量では、東京電力の「スタンダードS+とくとくガスAPプラン」がお勧めのプランです。なぜなら、ガスの申し込みでAmazonプライムがついてきて、Amazonギフト券3,000円がもらえるからです。電気代はガスセット割で1,224円割引となり、さらに、Amazonプライムに加入しているとなると東京電力の方が東京ガスより6,000円ほどお得に利用できます。電気代は年額7万5,540円、ガス代は年額4万7,640円で、東京電力で電気とガスのセット契約をし、ガスプランをとくとくガスAPプランにするとAmazonプライムもついてくるので別々に契約するよりもお得を感じられるでしょう。

次に、3~4人の家族暮らしのケースで、年間の電気使用量が4800kWh(契約容量40A)、ガス使用量が480㎥の場合を試算してみます。このケースでは、「プレミアムS(2年契約)+とくとくガスプラン」がお得なお勧めの組み合わせとなります。プレミアムSではセット割で年間1,224円引きで、年額13万4,964円です。ガス代については、スタート割で年間3,660円も安くなるので、年額6万9,360円の支払いで済みます。

1人暮らし(電気:250kWh20A、ガス:20㎥)/月)使用の場合

  • 電気プラン:スタンダードS(20A)
  • ガスセット割:電気料金から102円 / 月
  • ガスプラン:とくとくガスAPプラン
  • Amazonプライム無料
  • とくとくガス特典:Amazonギフト券(3,000円分)
  • Webからの電気プラン、ガスプランの申し込みで500ポイント

3~4人家族(電気:400kWh40A、ガス:40㎥ / 月)使用の場合

  • 電気プラン:プレミアムS(40A)
  • ガスセット割:電気料金から102円 / 月
  • ガスプラン:とくとくガスAPプラン
  • スタート割:ガスの基本料金と従量料金の合計額の5%
  • Webからの電気プラン、ガスプランの申し込みで500ポイント
1人暮らし 3~4人家族
電気代 基本料金 572円 1,144円
電力量料金 5,825円 10,205円
ガスセット割 -102円 -102円
ガス代 基本料金 1,143.23円 1,024.32円
従量料金 2827円 5,061円
スタート割(5%) -305円
電気+ガス代/月 10,265円 17,027円
電気+ガス代/1年 123,180円 204,324円
Amazonプライム -4,900円

※計算を簡易にするために年間で使用量に変動はないとしています。
※電気代の燃料費調整額及び再生可能エネルギー発電促進賦課金は含まれていません。
※ガス代の原料費調整額は含まれていません。
※電気料金、ガス料金の合計額は円未満切り捨てで請求となります。

くらしTEPCOポイントが貯まる

東京電力では、電気プランの使用料金に応じて、くらしTEPCOポイントを付与しています。使用料金1,000円ごとに5ポイントが貯まります。貯まったポイントは、Tポイント・dポイント・nanacoポイント・Pontaポイント・WAONポイント・au WALLETポイントのいずれかに交換が可能です。別サービスのポイントに交換せずに、電気料金に充当することもできます。ガス代に対してはポイントはつきませんが、電気代の支払いでポイントが貯まると嬉しいですよね。

電気を東京ガスにするとどのくらいお得?

東京ガスの電気供給エリアは、関東エリア・山梨県・静岡県の一部です。ガス提供エリアには山梨県や静岡県は入っていません。東京ガスが行っている、ずっとも電気1S・ずっとも電気1は東京電力の従量電灯B、ずっとも電気2は従量電灯C、ずっとも電気3は低圧電力のプランに相当します。まず、ずっとも電気1Sは、電気の使用量が少ない人向けのプランです。東京電力の従量電灯Bプランと基本料金は変わりませんが、電力量料金の第1~3段階料金が安くなっています。120kWhまでの第1段階料金が、東京ガスは1kWhあたり19.85円なのに対し、東京電力は19.88円となっています。さらに、120kWh~300kWhまでの第2段階は1kWhあたり1.13円、300kWhを超えた第3段階では1kWhあたり3.09円も安く使えるのです。

続いて、ずっとも電気1については、3人以上の家庭や、在宅していることが多い人向けのプランです。ずっとも電気1Sに比べると、第1~3段階料金の電力量の幅が広めに設定されています。ずっとも電気1の第1段階料金が140kWhまでで1kWhあたり23.67円なのに対し、ずっとも電気1Sは120kWhまでで19.85円です。この数字だけをみると、ずっとも電気1Sのほうが安くみえますが、第2~3段階料金はずっとも電気1のほうが格段に安くなっています。ずっとも電気1は第2段階料金が140~350kWh使えて1kWあたり23.88円ですが、ずっとも電気1Sは120~300kWhまでで25.35円です。同様に、第3段階料金もずっとも電気1が350kWhを超えて1kWhあたり26.41円なのに対し、ずっとも電気1Sは300kWh超えで27.48円となっています。

電気とガスを利用すると

1人暮らしで、「ずっとも電気1S+ずっともガス」を使っている場合で、年間の電気代とガス代を試算してみます。電気の年間使用量が3000kWh(契約容量20A)で、ガスの年間使用料が240㎥の場合、ずっとも電気1Sとガスプランを利用の方には、電気代に0.5%乗じた額を毎月割引してくれるので、電気代は年額7万4,616円で、ガス代は年額4万3,980円です。また、ここでは東京電力の電気とガスのセットと比較するために1人暮らしでAmazonプライムにも加入するとしましょう。そうすると、Amazonプライムの年会費4,900円プラスになります。

次に、3~4人の家族の場合を、電気の年間使用量が4800kWh、ガスの年間使用量が480㎥として計算します。家族が増えると使用量も増えるため、上記のケースだと「ずっとも電気1+ずっともガス」のプランを組み合わせるのが良いでしょう。ずっとも電気1とガスプランを利用していると、毎月の電気代から275円割引してくれるので、電気代は年額で12万6,216円、ガス代は年額で7万5,288円となります。

1人暮らし(電気:250kWh20A、ガス:20㎥)/月)使用の場合

  • 電気プラン:ずっともでんき1S(20A)
  • ガス・電気セット割:電気の基本料金と電力量料金の合計額の0.5%を乗じた額
  • ガスプラン:ずっともガス

3~4人家族(電気:400kWh40A、ガス:40㎥ / 月)使用の場合

  • 電気プラン:ずっとも電気1(40A)
  • ガス・電気セット割:電気の基本料金から275円 / 月
  • ガスプラン:ずっともガス
1人暮らし 3~4人家族
電気代 基本料金 572円 1,144.00円
電力量料金 5,677円 9,649.00円
割引 -31円 -275円
ガス代 基本料金 1,056.00円 1,056.00円
従量料金 2609円 5,218円
電気+ガス代/月 9,883円 16,792円
電気+ガス代/1年 118,596円 201,504円
Amazonプライム 4,900円

※計算を簡易にするために年間で使用量に変動はないとしています。
※電気代の燃料費調整額及び再生可能エネルギー発電促進賦課金は含まれていません。
※ガス代の原料費調整額は含まれていません。
※電気料金、ガス料金の合計額は円未満切り捨てで請求となります。

電気料金連動ポイントが付与される

東京ガスで電気プランを契約すると、電気料金1,000円ごとにパッチョポイント15ポイントがもらえます。ポイント対象となるのは、ずっとも電気1S・ずっとも電気1・ずっとも電気2の3つのプランです。ガスプランも、ガス料金1,000円ごとにパッチョポイント5ポイントが付与されます。Web会員サービスであるmy TOKYOGASに登録していれば、提携ポイントと交換ができます。1パッチョポイントは1ポイントとして、dポイント・Pontaポイント・楽天ポイント・Tポイント・WAONポイント・nanacoポイントなどに変えることが可能です。上の1人暮らしの例だと、電気とガスのポイントを合わせると、年間1,620ポイントも貯まり、2~3人家族の例では、年間で貯まるパッチョポイントは、合わせて2,880ポイントです。

今より安く!お得に!

電力会社変更で電気代の変化を実感してみませんか?

東京電力と東京ガスの比較

東京電力と東京ガスを比べると、3~4人の家族で試算した使用量の場合は、東京電力のほうが年間2,832円高くなることが分かりました。電気代は、東京電力の方が年間8,748円高く、ガス代は、東京電力のほうが年間5,928円安くなっています。年間で3,000円ほどの差になるため電気やガスの使い方によっては違いはさほどなくなるかもしれません。2~3人家族の使用量に近い家庭は、電気を多く使うか、ガスを多く使うかでどちらにするか決めたいところです。一方で、1人暮らしの場合は、東京ガスのほうが、電気代とガス代の料金がともに安くなっています。ただし、東京電力のAmazonプライムの加入がついているものと比べているので、Amazonプライムを利用する予定なら、東京電力のほうがお得に使えるでしょう。また、Amazonプライムを利用しない場合であれば、東京電力の「スタンダードS+とくとくガスプラン」の方がお得になる人もいます。

この記事のまとめ

東京電力エナジーパートナーと東京ガスのガスと電気をセットで申し込む場合、世帯人数や電気やガスの使い方によってどちらがお得になるか違うようです。一概にどちらがお得だとは言えないため、自分の家庭にあったプランをシミュレーションして探してみる事が大切だと言えそうです。

  • 東京電力EP、東京ガスともに電気とガスをまとめるとセット割引が適用される
  • 東京電力EPは電気代の支払いでポイントが貯められる
  • 東京ガスはガス代、電気代の支払いでポイントが貯まる

現在、電力会社もガス会社も自由に選べるようになっています。電気もガスも生活には欠かせないライフラインです。自分の家庭に合ったプランを探すためにはシミュレーションをして比較を行ってみましょう。電気代の比較には一括比較サイトを利用すると便利です。参考にしてみましょう。

一括比較スタート

\ 1か月分の検針票があればOK! /